MR

MR

MRの仕事とは

転職のニーズが高まっている医療系職種にはMR(医薬情報担当者)・臨床検査技師・臨床心理士などの職種があります。 MRは競合他社との競争が激しい職種ではありますが、意外にも競合企業間でのつながりが強い一面も持っています。 例えば、他社のMRからドクターの情報を収集したり、知り合いのMRから誘われて別会社へ転職したり、中には競合他社のMRと結婚される方もいらっしゃいます。 人脈を広げる事で、活躍の場も広がっていく職種なのかもしれません。

その為、求人情報として公開される数も一般的には少ないのが現状です。 これは、会社が資格や経験を持った人材を希望しており、エリアを回る他社のMRから紹介・引き抜きなどで採用する知人紹介型の転職が最も多いからです。

知人紹介型の転職はこれまで培ってきた人脈をそのまま利用できるので転職後のイメージも持ちやすいメリットがありますが、逆をいうと転職目的を不明確なまま事を進めることとなり、せっかく転職したのに結局何も変わっていない、というケースをよく聞きます。 MRの転職には、想像以上のパワーがいります。今後の方向性に沿った企業を1回で射止めるには、人材紹介会社を利用し、転職によって何を実現したいのか、転職後にどうなりたいのかを明確にして転職活動を進めることをおすすめします。

企業が求める人物像

●大学病院担当経験者、専門領域制MR経験者
●目標達成のためにPCDAサイクルを回して営業活動を行ってきた方、自ら売る仕組み作りしてきた方
●物怖じせず、積極的にコミュニケーションが取れる方

転職活動の傾向と対策

MRの面接では、今までの実績に重きを置いて質問を受ける傾向があります。 目標を達成するために、どのようなプロセスで活動を進めたか、工夫・改善した事は何か、など具体的な事例を用いて説明できるように準備を進めておきましょう。
そして、身だしなみ・ビジネスマナーも重視されます。スーツにシワが無いか、ネクタイが曲がっていないか、細かい点ですが、面接官の方はチェックをしています。 面接前に一度ご確認ください。

MRに強い!人材紹介会社
マイナビエージェント
マイナビエージェント
製薬業界出身者を中心に製薬・医療機器業界の専門チームを形成し、業界に特化したコンサルティング体制を整えています。業界特有の専門知識、最新情報に精通しており、転職に関する様々な疑問・質問にもお答えしています。
マイナビエージェント メディカル企業チーム
1. 株式会社マイナビエージェント
 メディカル企業チーム マネージャー

2. M・Tさん

3. 製薬業界・医療機器業界

4. 5年

日本国内における外資系製薬会社の伸張、ジェネリック薬品の普及などに伴い、製薬業界はまさに戦国時代。一方、開発費の負担がかさみ、外資系企業でも国内から撤退する企業も見られます。だからこそ、転職先選びはより慎重に。各企業の強みや社風、キャリアパスなど、元MRだからこそできるきめ細かい情報提供を通じて、質の高いコンサルティングを提供します。

パソナキャリア
パソナキャリア
転職カウンセリング、求人のご提案、応募書類のアドバイス
面接対策、退職交渉のアドバイスなど、転職支援を行っています。
また、MRの転職相談セミナーなども開催しており、MRへの転職における様々な情報を提供しています。
パソナキャリアカンパニー メディカルグループ
1. 株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー
  人材紹介事業部門 メディカルグループ キャリアアドバイザー

2. 神戸 智也さん

3. MRを中心とした医療業界

4. 6年

一般的に外資系製薬メーカーは積極的にMR採用を行っていると見聞きしますが、理由は様々です。新薬上市に向けた増員なのか、欠員補充なのか。このような募集背景はWEB上では見えづらいです。企業が応募者に何を求めているのか、そういったソフトな部分を提供しつつ、各個人に合った転職のサポートを心がけたいと思っております。もちろん採用活発なジェネリックメーカー、CSOの求人も多数ご依頼いただいております。お気軽にご相談ください。

typeの人材紹介
typeの人材紹介
MR職の選考に受かるには、徹底した面接対策が鍵となるため、
忙しいドクターに1分、2分で有益情報を伝えることができる
能力の素地、営業実績の裏づけとなるプロセス等を整理して
アピールできるように準備・対策をしています。
キャリアデザインセンター 人材紹介事業部
1. 株式会社キャリアデザインセンター
 人材紹介事業部

2. 青柳真理子さん

3. メディカル 広告 WEB系

4. 3年3ヶ月

厳しい転職市場の中、未経験者を大量に採用するMRは活況といえます。不況につよく、給与水準も高いことから、昨今の人気職種です。 難易度は高いですが、業界理解、的確な面接対策をしっかり行うことで選考通過確度を高めることができます。製薬メーカー、CSO共に数社同時進行で受けていくことをお勧め致します。

ページトップへ
Copyright (C) 転職ポータル All Rights Reserved.